医者

ぼこぼこクレーターはきちんと治療しよう|肌タイプに合わせて対処

予防と治療のしかた

女性

ニキビ跡のクレーターは一度できてしまうと自分で治すことはできないので、美容皮膚科に行って治してもらう必要があります。レーザーなどの最新治療を受ければ、でこぼこのクレーターが修復されて滑らかになります。

View Detail

ニキビの予防と治す方法

顔

ニキビは自分で処置をすると化膿させてニキビ跡が残る危険があります。なるべく医師の診察を受けた方が安心です。ニキビを予防するには食生活の改善が効果的で、ビタミンAやEの含まれた食材を多く摂取することです。できてしまったニキビ跡は美容整形で治療できます。クレーター状のものは主にレーザー治療で治せます。

View Detail

レーザーで正常な再生を

スキンケア

傷跡は、傷が治る過程で肌にメラニン色素が入り込んだり、肌細胞が作られすぎて盛り上がったりすることでできます。前者は、ダイオードレーザーで熱を与えることで、後者はCO2レーザーで削ることで、それぞれ除去できます。こういったレーザー治療により、肌を正常な状態に再生させれば、傷跡の悩みは解消されます。

View Detail

完治できないため厄介

顔のシワ

ニキビ跡の種類を知る

ニキビトラブルの中でもニキビ跡は厄介なトラブルの一つです。クレーターのようになってしまったニキビ跡は自分で解決や治療することはできません。そのため自分で完治させることができないのです。毎日の化粧で隠すことが精いっぱいになってしまいます。ニキビ跡にもいくつかのタイプがあります。原因と症状を知ることで治す方法が変わってきます。一つはアイスピックタイプです。針で突き刺したような細い穴になっているタイプです。穴は小さいのですが奥深くまで続いていることが特徴です。ニキビの詠唱によりコラーゲン組織が破壊されてしまうことが要因です。奥深い組織は再生されることがないため、減少したコラーゲンがクレーターのようになってしまうのです。

化粧品で隠せないサイズ

次にローリングタイプです。これは半円状になっているクレーターです。穴の直径が広いため目立ちます。肉眼でもわかりやすいため化粧品で隠すのが困難なパターンです。二つのニキビ跡が合体したパターンやアイスピック状よりも広範囲で生じてしまった場合に起きる現象です。最後にボックスカータイプです。ローリングタイプと同じような直径ですが、そこが平らになっていることで異なります。底が平らになっているためローリングタイプより目立ちます。特徴はほかの2タイプより浅いことです。炎症がそれほど大きくなかったために深くまで炎症が影響を及ぼさなかったためです。これらを治療するにはクリニックで治療を行う必要があります。クレーターをレーザーや光などを用いて治療します。